ふれパト

ふれパト

感染拡大期Ⅰにおけるふれパト活動について

感染拡大期Ⅰにおけるふれパト活動について

2020.07.30

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い

 

29日、兵庫県内の新規陽性者数の直近1週間平均が31.7人となり、県は「感染拡大期Ⅰ」に入ったと発表しました。26日にお知らせしたとおり、委員会は、登録ランナーのみなさまへの次のお願いを7日間延長します(8月6日木曜日まで)。なお、7日以降については、6日までの状況を見て判断してお知らせします。状況によっては、お願い延長の期間を変更する可能性があります。

(1)すでにFacebookで告知された活動も含め、従来調整型の中止。

(2)小グループ型について、上限5人、1班のみを守っての実施。

 

(1)について

29日発表の県「フェーズごとの対応方針(社会活動制限)について」に従えば、イベントの開催目安は「屋外:5,000 人以下、距離を十分確保」とされており、「感染警戒期」(新規陽性者週平均10人以上)と同一です。今回追加された「ガイドラインに基づく感染防止策がなされていないイベントの中止又は延期を要請」にも、「感染症対策版ふれパト」は当たりません。これに照らすと、上記(1)は、県の要請よりかなり慎重なお願いになっています。委員会は、人が多く集まる機会を減らすという観点で、このお願いをしております。

(2)について

他方、外出・出勤や事業・教育活動については一律の行動制限は県から要請されていません。犯罪機会はまちの動きに連動します。私たち防犯ボランティアが、感染症対策をしっかりしながら、犯罪抑止のために、姿を見せる、見守る役割を果たすことは社会的に認められると考えます。

感染症対策をしながらふれパト活動を継続したいと考える登録ランナーのみなさまには、小グループ型のふれパトを実施する際、「感染症対策版ふれパト」「小グループ型の実施方法」に示された事項と、「上限5人、1班のみ」のお願いを守っていただきますよう、あらためてお願い申し上げます。

なお、現状では、参加メンバーの目安はふれパトの同地区内を維持しますが、今後の状況によっては、「最寄り駅が同じくらい」にしていただく可能性があります。

 

今回の感染症に関しては、不明な部分と流動的な部分が大きく、リスクと対策に関する社会的合意がきわめて難しい状況にあります。参加者の多様性を受容し、それを最大の特徴のひとつとしている私たちのふれパトでは、なおのこと、幅広い意見や感覚があると考えます。そのことを念頭に置いて、委員会は、全住民を対象とした県の判断と要請に基礎を置きつつ、より慎重な指針を示しています。今後も、状況によっては迅速に全面中止のお願いをすることも含め、登録ランナーのみなさまの力でふれパトが続き、発展していく道を模索します。

 

防犯ボランティアとして、全国的にも類を見ない急速な成長をしているふれパトです。登録ランナーと委員会、協賛社など、関わるすべてのみなさまのこれまでと同様の前向きな相互理解と積極的な協働があれば、きっと、この難局を乗り切ることができると信じております。引き続き、みなさまのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

 

2020年7月30日

ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

【お願い】感染増加期における、従来調整型ふれパトの中止について(2020.07.26更新)

【お願い】感染増加期における、従来調整型ふれパトの中止について(2020.07.26更新)

2020.07.26

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い
(*7月23日付でお知らせしたものの一部更新です)

 

23日、兵庫県内の新規陽性者数が35人となりました。直近一週間の平均が20.3人となり、県は「感染増加期」に入ったと発表しました。社会活動の制限が強化されることになります。
ついては、すでに18日にお知らせしたとおり、委員会は、登録ランナーのみなさまに次のお願いをいたします。

(1)すでにFacebookで告知された活動も含め、従来調整型の中止。
(2)小グループ型について、上限5人、1班のみを守っての実施。
(*7/26更新→)上記のお願いは、県発表翌日から7日間(今回は30日木曜日)までとします。7日目までに(その日を含める)、県が「感染警戒期」(新規陽性者一週間平均10人~19人)への引き下げを発表しない場合、お願いを原則7日間延長します。

委員会としましては、引き続き、感染症の拡大状況と県の対策を見ながら、速やかに順次決定し、お知らせをしてまいります。登録ランナーのみなさまにおかれましても、ふれパトのHPやFacebookを随時ご確認いただけますようお願い申し上げます。

 

2020年7月26日
ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

【お願い】感染増加期における、従来調整型ふれパトの中止について

【お願い】感染増加期における、従来調整型ふれパトの中止について

2020.07.23

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い

*下記は、23日18時30分からの知事会見を受けています。報道発表資料が公開されれば、数値などを修正する場合があります。

 

23日、兵庫県内の新規陽性者数が35人となりました。直近1週間の平均が20.3人となり、県は「感染増加期」に入ったと発表しました。社会活動の制限が強化されることになります。

ついては、すでに18日にお知らせしたとおり、委員会は、登録ランナーのみなさまに次のお願いをいたします。

(1)すでにFacebookで告知された活動も含め、従来調整型の中止。

(2)小グループ型について、上限5人、1班のみを守っての実施。

委員会としましては、引き続き、感染症の拡大状況と県の対策を見ながら、速やかに順次決定し、お知らせをしてまいります。登録ランナーのみなさまにおかれましても、ふれパトのHPやFacebookを随時ご確認いただけますようお願い申し上げます。

 

2020年7月23日

ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

【お願い】ふれパト参加報告について

【お願い】ふれパト参加報告について

2020.07.22

現在、感染症対策として、従来調整型・小グループ型とも、一般ランナーの方も含め、ふれパトに参加されるすべての方に「参加報告」をお願いしております。

事前・事後は問いません。お手数をおかけしますが、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

QRコードを作成しましたので、スマートフォンにダウンロードするなどして利用いただければと思います。

*さまざまな使用環境がありますので、不具合がありましたら、ご連絡ください。調整いたします。

(アドレスはこちら https://forms.gle/ZQLirxStEPVG4sEo6)

 

  • 感染症検査で陽性が確定した場合の緊急連絡先

(a)平日10:00-17:00 神戸新聞社メディアビジネス局企画推進部内「ふれパト」係

TEL 078-362-7077

(b)上記以外 摂南大学法学部中沼研究室

TEL 072-839-9392

留守電対応です。メッセージを入れていただければ、委員会メンバーに転送されます。

(c) FacebookふれパトアカウントへのMessengerも、リアルタイムに近い形で見ておりますので、こちらにご連絡いただくこともできます。

【お願い】新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う措置について

【お願い】新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う措置について

2020.07.18

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い

 

「感染症対策版ふれパト」に基づく活動再開にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

さて、従来調整型、小グループ型とも、制約の多いなかで試行をしていただいているところですが、ここ数日、兵庫県内でも感染症の急速な拡大が見られます。17日に、新規陽性者数が24人となり、直近1週間の平均が10人を超えて、県は「感染警戒期」に入りました。

拡大が急速ですので、取り急ぎ、委員会としては次の措置をとることにいたしました。

・1週間の陽性者数平均が20人以上となり、「感染増加期」に入ったと県が判断した時点から、(1)従来調整型の中止をお願いする。(2)小グループ型については、上限5人、1班を超えないようにお願いする。

委員会としましては、感染症の拡大状況と県の対策を見ながら、速やかに順次決定し、お知らせをしてまいります。登録ランナーのみなさまにおかれましても、ふれパトのHPやFacebookを随時ご確認いただけますようお願い申し上げます。

 

2020年7月18日

ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

「従来調整型の実施方法」「小グループ型の実施方法」「感染症対策版ふれパト」を更新しました。

「従来調整型の実施方法」「小グループ型の実施方法」「感染症対策版ふれパト」を更新しました。

2020.07.15

7月1日からの活動試行を受け、登録ランナーの皆様から様々な声が寄せられています。実施方法など見直しを行い、「お知らせとお願い」第二次改定致しました。それに合わせ、「従来調整型の実施方法」「小グループ型の実施方法」「感染症対策版ふれパト」を更新致しました。下記、ご確認下さい。

■従来調整型の実施方法 200715ふれパト_従来調整型

■小グループ型の実施方法 200715ふれパト_小グループ型

■感染症対策版ふれパト 200715感染症対策版ふれパト

 

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い (**7月15日第二次改定 *7月10日第一次改定)

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い (**7月15日第二次改定 *7月10日第一次改定)

2020.07.15

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い
(**7月15日第二次改定、*7月10日第一次改定)

 

7月1日水曜日から、ふれパト活動を再開いたします。7月中は、感染症対策との両立を図るための活動実施方法を試行する期間とします。この期間に、登録ランナーのみなさまからご意見をいただき、感染症の状況も見て、8月以降の活動のあり方を委員会で改めて決定します。

 

1.活動再開の判断
兵庫県では、6月、新型コロナウイルスの検査結果における陽性者数がほとんどの日で0人、陽性者がいる日でも1人もしくは2人で推移してきました。それにあわせて、6月19日、県は社会活動制限の要請を緩和しました。県は、屋外での催物について、「1,000人以下かつ人との距離を十分に確保」としています(7月10日以降は5,000人以下)。これは、「200人以下」とされた6月18日までと比べて大幅な緩和です。
委員会は、「人との距離を十分に確保」という条件を満たすことができれば、ふれパト活動の再開は可能であると考え、以下に示す方法をみなさまに守っていただくことを前提として、ふれパト活動の中止のお願いを取り下げます。

 

2.感染症対策が特に求められる期間の活動実施方法(「感染症対策版ふれパト」)
県の社会活動制限要請が強化されない間、「従来調整型」「小グループ型」の2つの型を任意にとることとします。制限の強化に応じて、委員会から、「従来調整型」のみの中止のお願い、あるいは、「従来調整型」「小グループ型」両方の中止のお願いをいたします。
なお、実施方法の詳細は、HPおよびFacebook掲載のスライド資料(A「感染症対策版ふれパト」、B「感染症対策中のパトロールの意識」、C「小グループ型の実施方法」、D「従来調整型の実施方法」)をご参照ください。追って、YouTube動画もアップしていきます。

(1)共通事項
「従来調整型」「小グループ型」とも、次の3点にご協力ください。
(*7/10改定→)(甲) 原則、声に出してのあいさつはせず、声を出さない会釈や「手を挙げる」あいさつなどに代えてください。ただし、マスクなどを確実にしている前提で、(a)市民の方から声をかけられた場合、(b)子どもたちに対して、(c)夜間などで接近の合図にもなる場合には、控えめに(声量や人数を調整して)声かけをしても構いません。
(*7/10改定→)(乙) 隊列管理はなるべく、手信号によって行い、声を出しての指示は控えめにする。ただし、安全確保のための声出しは躊躇なく行う。
(丙) 感染者や濃厚接触者が発生した場合に備え、参加者は全員、指定のGoogleForm( https://forms.gle/ZQLirxStEPVG4sEo6 )から委員会に参加報告を行う。万一、感染した、あるいは濃厚接触が判明した場合、すみやかに委員会に知らせる。
(**7/15改定、*7/10共通とした→)(丁) 原則、1.5m~2m間隔の1列縦隊で走る。人があまりいない場所では、横も1.5m~2m間隔の2列縦隊でも可。

(2)従来調整型
次の6点を守っていただきながら、これまでに近いイメージでふれパトを実施する方法です。
(A) リーダーは、わかりやすく、人があまり多くないコースを事前にFacebookなどで共有。
(**7/15改定→)(B) 人通りが少ない広場や公園に集合。
(C) 原則4人がそろった時点で班をつくり出発し、終了とともに班ごとに解散。
(**7/15改定→)(D) 班の人数上限は5人、下限は3人。ただし、リーダーの人数などの事情がある場合、例外的に6人まで可とする。
(E) マスクやネックチューブ(いわゆる「バフ」)を口元につけ、呼気を大きく出さないようにする。ただし、人と2mの間隔を保てる場合は外してもよい。
(F) ふれパト登録ランナーでない人が参加する場合、リーダーは、その場で、指定のGoogleFormから参加報告をするようお願いする。

(3)小グループ型
従来、ふれパトとは認めていなかった3人以下での実施方法です。感染症対策が特に求められる期間でも必要な防犯活動を実施するために、その期間に限り認めます。次の4点を守って実施してください。
(*7/10改定→)(ア) 近所に住む2人または3人(上限5人、1班のみ)で、互いに連絡を取り合って実施。うち1人はリーダー経験者とする。
(イ) リーダーは、実施報告のみ委員会に行う。予定の告知は不要。(委員会はFacebookのイベント、Googleカレンダーに実施予定を掲載しない。)
(ウ) パトロールコースを近隣に留める。
(エ) マスクやネックチューブ(いわゆる「バフ」)を持参する。人と2m間隔を保てない場合は口元に当て、呼気を大きく出さないようにする。3.その他
参加前後に、手洗いや手指消毒、検温など、一般的な感染症対策に努めるようお願いいたします。
外出自粛が続いた後、加えて、気温が高いなかマスクなどをしての活動再開です。走る距離や速度に留意するとともに、マスクなどを外して水分補給する時間を設けるなど、熱中症対策にもご配慮ください。
ふれパトに登録していない一般ランナーの方々には、委員会がHPやFacebookで「ふれパト参加の際のお願い」を掲出しています。

 

2020年6月25日 (**7月15日第二次改定、*7月10日第一次改定)
ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会 

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い(*2020年7月10日第一次改定)

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い(*2020年7月10日第一次改定)

2020.07.10

登録ランナーのみなさまへのお知らせとお願い(*7月10日第一次改定)

 

7月1日水曜日から、ふれパト活動を再開いたします。7月中は、感染症対策との両立を図るための活動実施方法を試行する期間とします。この期間に、登録ランナーのみなさまからご意見をいただき、感染症の状況も見て、8月以降の活動のあり方を委員会で改めて決定します。

1.活動再開の判断

兵庫県では、6月、新型コロナウイルスの検査結果における陽性者数がほとんどの日で0人、陽性者がいる日でも1人もしくは2人で推移してきました。それにあわせて、6月19日、県は社会活動制限の要請を緩和しました。県は、屋外での催物について、「1,000人以下かつ人との距離を十分に確保」としています(7月10日以降は5,000人以下)。これは、「200人以下」とされた6月18日までと比べて大幅な緩和です。

委員会は、「人との距離を十分に確保」という条件を満たすことができれば、ふれパト活動の再開は可能であると考え、以下に示す方法をみなさまに守っていただくことを前提として、ふれパト活動の中止のお願いを取り下げます。

2.感染症対策が特に求められる期間の活動実施方法(「感染症対策版ふれパト」)

県の社会活動制限要請が強化されない間、「従来調整型」「小グループ型」の2つの型を任意にとることとします。制限の強化に応じて、委員会から、「従来調整型」のみの中止のお願い、あるいは、「従来調整型」「小グループ型」両方の中止のお願いをいたします。

なお、実施方法の詳細は、HPおよびFacebook掲載のスライド資料(A「感染症対策版ふれパト」、B「感染症対策中のパトロールの意識」、C「小グループ型の実施方法」、D「従来調整型の実施方法」)をご参照ください。追って、YouTube動画もアップしていきます。

(1)共通事項

「従来調整型」「小グループ型」とも、次の3点にご協力ください。

(*7/10改定→)(甲) 原則、声に出してのあいさつはせず、声を出さない会釈や「手を挙げる」あいさつなどに代えてください。ただし、マスクなどを確実にしている前提で、(a)市民の方から声をかけられた場合、(b)子どもたちに対して、(c)夜間などで接近の合図にもなる場合には、控えめに(声量や人数を調整して)声かけをしても構いません。

(*7/10改定→)(乙) 隊列管理はなるべく、手信号によって行い、声を出しての指示は控えめにする。ただし、安全確保のための声出しは躊躇なく行う。

(丙) 感染者や濃厚接触者が発生した場合に備え、参加者は全員、指定のGoogleForm( https://forms.gle/ZQLirxStEPVG4sEo6 )から委員会に参加報告を行う。万一、感染した、あるいは濃厚接触が判明した場合、すみやかに委員会に知らせる。

(*7/10共通とした→)(丁) 原則、2m間隔の1列縦隊で走る。人があまりいない場所では、横も2m間隔の2列縦隊でも可。

(2)従来調整型

次の6点を守っていただきながら、これまでに近いイメージでふれパトを実施する方法です。

(A) リーダーは、わかりやすく、人があまり多くないコースを事前にFacebookなどで共有。

(B) 駅前でなく駅近くの公園など人があまり集まらない場所に集合。

(C) 原則4人がそろった時点で班をつくり出発し、終了とともに班ごとに解散。

(D) 班の人数上限は5人、下限は3人。

(E) マスクやネックチューブ(いわゆる「バフ」)を口元につけ、呼気を大きく出さないようにする。ただし、人と2mの間隔を保てる場合は外してもよい。

(F) ふれパト登録ランナーでない人が参加する場合、リーダーは、その場で、指定のGoogleFormから参加報告をするようお願いする。

(3)小グループ型

従来、ふれパトとは認めていなかった3人以下での実施方法です。感染症対策が特に求められる期間でも必要な防犯活動を実施するために、その期間に限り認めます。次の4点を守って実施してください。

(*7/10改定→)(ア) 近所に住む2人または3人(上限5人、1班のみ)で、互いに連絡を取り合って実施。うち1人はリーダー経験者とする。

(イ) リーダーは、実施報告のみ委員会に行う。予定の告知は不要。(委員会はFacebookのイベント、Googleカレンダーに実施予定を掲載しない。)

(ウ) パトロールコースを近隣に留める。

(エ) マスクやネックチューブ(いわゆる「バフ」)を持参する。人と2m間隔を保てない場合は口元に当て、呼気を大きく出さないようにする。

3.その他

参加前後に、手洗いや手指消毒、検温など、一般的な感染症対策に努めるようお願いいたします。

外出自粛が続いた後、加えて、気温が高いなかマスクなどをしての活動再開です。走る距離や速度に留意するとともに、マスクなどを外して水分補給する時間を設けるなど、熱中症対策にもご配慮ください。

ふれパトに登録していない一般ランナーの方々には、委員会がHPやFacebookで「ふれパト参加の際のお願い」を掲出しています。

 

2020年6月25日 (*7月10日第一次改定)

ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

【一般ランナー向け】ふれパト参加の際のお願い

【一般ランナー向け】ふれパト参加の際のお願い

2020.07.09

一般ランナー*のみなさま

(*今年度登録をしていないランナーの方を指します)

 

ひょうごふれあいランニングパトロール(ふれパト)では、従来から、一般ランナーのみなさまの参加を歓迎しております。このたびの再開後も同様に歓迎いたしますので、安全で個性豊かなランニングパトロールをぜひ体験していただければと思います。

感染症防止のため、参加にあたっては、次の3点にご協力くださいますようお願い申し上げます。

(a) こちらのGoogleフォームから参加報告を必ずお願いします。いただいた情報は、感染症対策にのみ用いるとともに、参加日から14日後に削除します。 https://forms.gle/ZQLirxStEPVG4sEo6

(b) マスクやネックチューブ(いわゆる「バフ」)を口元につけてご参加ください。

(c) その他、HP掲載の「感染症対策版ふれパト」「従来調整型の実施方法」を事前にご一読ください。

 

上記に加えて、今年度より、ふれパト活動に参加する場合には、一般ランナーの方々も含め、「緊急連絡先カード」の記入と携帯(項目をメモ書きして携帯していただくのでも構いません)、「ふれパトを気持ちよく続けるための3つの約束」(下記参照 )の遵守をお願いしております。どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

なお、一般ランナーの方につきましては、委員会で加入しているボランティア保険の対象外となりますので、このことご理解のうえ、ご参加くださいますようお願いいたします。

 

2020年7月9日

ひょうごふれあいランニングパトロール活動推進運営委員会

 

【登録ランナー向け】ボランティア保険のご案内

【登録ランナー向け】ボランティア保険のご案内

2020.07.08

登録ランナーの皆様へ

 

「ひょうごふれあいランニングパトロール」では、7月より活動再開試行が始まりました。改めてボランティア保険について、ご案内いたします。

2020年度登録ランナー503名のボランティア保険の加入完了しております。ふれパト活動中に万が一の事故で怪我などされた場合は、委員会事務局TEL078-362-7077(神戸新聞社メディアビジネス局企画推進部内/平日9:3017:30)まで連絡をお願いします。事務局にて対応を致します。保障内容など詳細に関しては、下記URLよりご確認をお願いします。なお、個々人での保険証書の発行は、同保険自体が行っておらず、出来かねますことご了承ください。

兵庫県ボランティア・市民活動災害共済 https://www.hyogo-wel.or.jp/dl/kyousai_pam2020.pdf

また、7月、8月と気温が高く、蒸し暑い日々が続きますので、熱中症のリスクが高まります。同保険に於いて、活動中の熱中症(日射病や熱射病)も対象となりますので、遠慮なくお問い合わせください。

チーム紹介

ふれパト参加報告はこちらから

ふれパト参加報告はこちらから
  • 防犯情報を配信中
インフォメーション

協賛募集中!

お問い合わせ

神戸新聞メディアビジネス局
企画推進部内「ふれパト」係

【電話】 078-362-7077
(平日10:00~17:00)
【FAX】 078-361-7802
【メール】 hyogo2020patrol@
kobe-np.co.jp
サポーター
サポーター

協  賛

  • アサヒビール
  • 老松酒造
  • 奥谷金網
  • オークラ輸送機
  • きしろ
  • ケンミン食品
  • 甲南堂印刷
  • 神戸ダイヤメンテナンス株式会社
  • 神戸地下街
  • 神戸トヨペット
  • 国際ライフパートナー株式会社
  • 生命保険協会兵庫県協会
  • セキスイハイム
  • セコム
  • アルソック
  • 大和船舶土地
  • ニシカワパン
  • 日本管財
  • 日本自動車販売協会連合会(Japan Automobile Dealers Association)
  • ネッツトヨタ
  • 姫路信用金庫
  • 兵庫信用金庫
  • 兵庫県医師会
  • 兵庫県警備業協会
  • 兵庫県防犯協会連合会
  • 神戸防犯協会
  • 兵庫県遊技業協会
  • FUJI INDUSTRIES
  • 軽スタジオ
  • QBB

協  力

  • イトマンスイミングスクール
  • 大塚製薬
  • 30peak
  • 神戸風月堂
  • COOP神戸
  • 兵庫県公衆浴場業生活衛生同業組合

ふれパトサポーター

  • 山陽特殊製鋼陸上競技部
  • 住友電工陸上競技部
  • シスメックス女子陸上競技部
  • ノーリツ女子陸上競技部
  • 兵庫県実業団陸上競技連盟
運営組織
  • asics
  • 神戸新聞社
  • 兵庫県警察
  • アドバイザー 中沼丈晃 摂南大学法学部教授
page top